トートバッグのはなし

私にとってトートバッグはたくさんあっても困らない、
むしろ嬉しいバッグのひとつです。
おそらくかばんの種類の中では一番好きだし、
一番持っているし、一番使う。

トートバッグはこれまでに何個も何個も作ってきたけれど、
段々とシンプルになっていく。
初めては、キルティング仕様のバッグを作った。
形はお気に入りのポーターの形を真似した。
それから自分に使いやすいようにポケットをつけたり、
紐の巾や長さを変えて作ったりした。
素材は、やっぱり帆布が一番多い。
上の写真のバッグは見ての通り、何の変哲も無い帆布と黒の組み合わせ。

本当に、普通のトート。でもこれがいいんですよね。
中にはレース糸を入れて家の中で持ち歩いている。
大きさは横20cm×高さ18cmくらい。

それから、2年近く毎日使っている犬の散歩用バッグ。
毛がつきやすいので、蝋引き加工(パラフィン加工)を施している
8号サイズを使った。
パラフィン加工済みの帆布は汚れや毛がつきにくくてオススメです。
何度か洗濯したのでしわにはなったけどめちゃくちゃ頑丈で使いやすい。

p00018

 

右に写っているのは、さらに小さなサイズのポーチ。
これはカードやポケットティッシュが入るくらい。
女性用品も入るし、これ単体で持っていてもヘンではないので
けっこう便利な気がする。
NINIKOのロゴ刺繍を入れた。

p00016

いくつも作ったけれど、なかなか「コレ!」という仕上がりにならない。
だからまた作ってしまうんだ。